日本グリーフケア協会 事務局

〒202-0022
東京都西東京市柳沢5-15-26
一般社団法人日本グリーフケア協会

トップ » 代表者プロフィール
       

代表者プロフィール

会 長
宮林幸江・自治医科大学教授(グリーフケア:看護学部老年看護学)
東京医科歯科大学大学院修了(博士)
福島県立医科大学講師、茨城県立医療大学助教授、宮城大学教授を経て現職
悲嘆回復ワーク ショップ代表

 

著書

『ながれるままに涙をながしましょう』(ソニーマガジンズ)
『愛する人を亡くした方へのケア グリーフケアの実践』(日総研出版)
『家族を支え続けたい!ナースが寄り添うグリーフケア』(日本看護協会出版会)
『はじめて学ぶグリーフケア』(日本看護協会出版会)

 

メッセージ

1999年1月に私自身、夫を亡くしました。大腸ガンでこの世を去った夫の死は、思っていた以上にとても辛く、「なぜ?」「どうして、私になの?」という 思いが時に湧き上がり、悲嘆の罠にはまり、抜け出すことは容易にはできませんでした。「生きている意味って、なんだろう」という思いにとらわれ、苦しさから逃れたい一心で渡米しました。そこで出会ったのが「悲嘆ケア」でした。2004年には、イギリスでも研修を受けました。当方実施の「悲嘆ケア」との確認をしたかったからです。
公的に援助が認められているアメリカに比べて日本では、患者のケアはなされていても、系統だった遺族のケアについては、ほぼ無きに等しい現実でした。悲嘆に苦しんでいる方が少しでも、辛い悲しみから抜け出して頂ければと思います。